耐震リフォームの基本

subpage1

リフォームの中でも最近注目されているのは耐震リフォームです。
耐震リフォームは、大きな地震が来た時に住宅が倒壊しないようにするものです。

葛飾区の新築一戸建てに対する期待が寄せられています。

本来であれば建築の段階で最低限の耐震性は備わっています。
ただ、ずっと昔に建てた家は耐震性は多少考えられているものの、大地震が来た時に耐えられるかというと難しい設計になっています(もちろんそれでも耐えられる家はたくさんあります)。耐震リフォームを語る上で知っておきたいのが建築基準法です。

この法律は何度も改正されてその時代に合ったものになっていますが、特に日本では地震の被害は深刻で人の命を奪いかねないため、何度も耐震性については改正されています。

その中でも1981年6月に改正された耐震基準では、一応震度7程度の地震が来ても耐えられるようにはできています。


ここで「一応」としたのは、住宅は何も耐震性だけ強化すればよいというわけではなく、その地盤の固さも大きく影響するからです。


極端な話、海岸に耐震住宅を建てたらどうなるかということです。
ただ、今は地盤はあまり関係ありませんので、今回は地盤については詳しくは触れませんが。



ですので、基本的には1981年6月以降に建築された住宅は耐震性についてはそれほど気にする必要はありません。



それよりも、1981年6月以前に建てられた住宅については耐震リフォームをすべきなのです。

ただし、例外があり、古民家などは耐震設計をしていることが多く、わざわざ耐震性を強化する必要はないと言えます。

情報分析

subpage2

リフォームとは、内装を新しくしたり、家の設備などを交換したりすることを言います。また、間取りを変更したり減築するような大規模なものもリフォームと言われることがあります。...

next

住宅の情報まとめ

subpage3

長く家に住み続けていれば、リフォームもそろそろしてみようかと思う事もあるでしょう。新聞の折り込みチラシなどでも何枚か入っていると、やはり意識せざるを得ないものです。...

next

住宅の重要知識

subpage4

リフォームに係る費用を安く上げるには多くの努力が必要となってきます。最近では大幅な景気回復の影響もあって不動産関連に費やす費用が大幅に増えています。...

next

住宅関係の情報

subpage5

最近の建物は高い耐久性を持っていますが、それでも時間がたてはある程度は壊れてきます。そういう問題を放置しておくと大きな問題になりやすいので、適切なメンテナンスが必要です。...

next